養子なので出会い系サイトで

養子として妻の家の家業を継ぎましたが、そうなるとどうしても妻のほうが強くなってしまいます。何でもかんでもイニシアティブは妻が持っていますので、窮屈でたまりません。そうなってくると女性として妻を見ることもできなくなってしまい、妻から求められることはありますが、それをそれとなく交わすようになってしまいました。かといってよそに愛人を作るほど、自由になるお金があるわけではありません。恥ずかしくない程度には経費も使えますが、愛人は無理です。せいぜい食事をしたり、ホテルに行ったりという程度ができるだけです。
幸い妻は私の行動に興味はありませんから、仕事といえば遅く帰宅することも気にしません。自分が夜を拒否するようになってからは、妻自身も外出が多くなったようです。やれお稽古事だお芝居だと言っていますが、もしかすると浮気かもしれません。それを追求する気もありません。下手に追求して、こちらの方に関心が移ってしまうのも厄介です。ご機嫌よくしてくれているならそれが一番なのです。
そんな時に街で出会い系サイトの宣伝カーを見ました。そういったシステムがあることはしっていましたが、利用したことはありません。スマホで検索をかけて覗いてみると、なにやら楽しそう。そこまで金銭的にもかからない様子でしたので、登録してみました。初めのうちは全くと言っていいほど女性からのえっセージはありませんでしたし、こちらからアプローチをしても返信が来ることはありませんでした。ただコツコツと続けていると、さすが継続は力なりですね。返事をくれるような子も出てくるものです。ひとりは専門学校の学生、ひとりは人妻さんでした。どちらもメールのやり取りをしていると性格がいいことが分かってきました。学生の子はコッチに出てきたばかりで寂しいということでしたし、人妻さんは旦那さんが単身赴任のようです。お食事だけでもと誘うと、どちらも快くOKしてくれました。出会い系サイトの中で1ヶ月ほどメールを交わしていたあたりだったと思います。それぞれ違う日にデートしましたが、本当に感じの良い女性で、どちらに決めるということは出来ず、今でもその二人と定期的にあっています。人妻さんは普段はおしとやかなのにホテルでは積極的になりますし、学生の子からは元気がもらえます。セックスも若いからこその新鮮さがあります。出会い系サイトの方は今のところああまり活動していませんが逆援交どちらかと別れるようなことがあれば、また活動しようかとは考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>